コンサルティング

コンサルティング

グローバルタレントマネージメントソルーション (GTMS)

日本企業は現在、迅速にタレントマネージメントをグローバル化することが求められています。人口減少、国内市場の縮小に伴い海外ビジネスの比重が高まり、日本人だけでなく外国人社員の雇用、育成、タレント開発が緊要課題になっています。

以上は他の先進国の多くにも言えることですが、日本企業は、世界でもユニークな人事制度(評価システム、ジョブローテーション、後継者制度など)を持っているために、世界共通の人事制度作りにおいて、より大きな試練に直面しています。

Many Truths の加藤真佐子は、ITIM international の、グローバルタレントマネージメントソルーションチーム(GTMS)のメンバーであり、 Many Truths はGTMSチームメンバーと共に、グローバルタレントの採用、育成から留保まで幅広いGTMSサービスを提供しています。

異文化アセスメント・開発センター(IAC/IDC)

GTMS サービスの中でもユニークなのは、異文化アセスメント・開発センター (IAC/IDC)です。IAC/IDC は、候補者の認識能力、行動特性や職業上の動機付けに加え、異文化対応能力を評価します。 グルーバルなビジネスの現場で効果的に業務遂行できる能力を評価し、効果的に育成することは、グローバルタレントマネージメントの重要な成功要因です。

参考資料:GTMS概要(英文)

グローバル組織文化マネージメント

組織文化とは、ある組織のメンバーの仕事の進め方、同僚および組織外の関係者との関係性の総体です。組織文化は、組織戦略遂行を推進することもあれば、阻害してしまうこともあります。組織文化は、組織がより効果的になるための強力な経営手段のひとつです。

組織文化は、例えば下記のような状況で変化を起こす手段として活用出来ます:

  • 異文化間 M&A後に新組織を効果的にマネージするために
  • 組織の新戦略の実現を加速するために
  • 組織がダイバーシテイを許容し活かす力やイノベーション力を高めるために

私たちは、クライアント様がより効果的にビジネスを営まれる事を組織文化を戦略と調和させることにより支援致します。私たちのサービスは、通常、下記のようなプロセスで進みます。

  1. オンライン調査でクライアント組織の現在の組織文化を査定します。
  2. クライアント組織の経営陣が、組織戦略実現を推進する最適文化を定義するのを お手伝いします。
  3. 現在の組織文化と最適文化のギャップを分析します。
  4. クライエント組織の経営陣が組織文化変革戦略を構築することを支援します。
  5. 必要に応じて、文化編略戦略の実施プロセスを支援します。
  6. 一定期間後、変革の進捗状況を診断するためクライアント組織の文化を再度査定します。

査定ツール: ホフステードモデル © (http://geert-hofstede.com)

文化マネージメントのためのエグゼクテイブブリーフィング – 特定国の文化について、あるいは文化やダイバーシテイマネージメント全般について

忙しいエグゼクテイブのために、Many Truths は特定国や異文化やダイバーシテマネージメント関連の経営トピックスに焦点を当てたエグゼクテイブブリーフィングを提供します。ひとりひとりのエグゼクテイブが必要とする凝縮した情報パッケージを作成し、お届けします。ブリーフィングセッションは最短2時間から1日コースまで。さらに電話によるフォローアップセッションを付け加えることも出来ます。

Close It